MARE主コラム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

虚無感を埋める作業開始

【村上春樹 土の中の彼女の小さな犬 】
自分の自我や
何やら解らない世間へ対しての
エネルギーを放出するがために

公募展に作品を出していた20代の頃。


本棚に並んでいたお気に入りを潰して、作品を造った。
全ては発売当時に買った村上春樹の初版本。

これはいいぞ!グランプリ間違いなし!
宝物の本を潰してまでの根拠のない勢い。
何も解っていない、若輩な僕がいたのだ。

今となっては訳の分からない
もちろん一次審査も通らない
マスターベーションなオブジェ作品だった。

多くの本はボロボロになり、破棄したのだが
今も何冊か残っている。


DSCN4933_convert_20100227133103.jpg









1週間がたった今、それが読みたく。
本棚を探した。

  



   「土の中の彼女の小さな犬」 村上春樹






不安定な感情はやっと落ち着いた。
涙の量も日々減ってきている。
だけど、なんだかそれも悲しい。

どんどん、薄く、小さくなっていくその感情が





    この時代の作品が好きだ。特に短編集。





日々の生活の中での

彼女の何気ない事や自分との関係。

それまでは全然気にもとめなかった事が

無くなってしまった喪失感。






もう、いないのだ。ここには。
まだ、埋まらないのだ。こころの空洞は。


12年間、ありがとう。
何処へいったのかな。テンは




テン 1998-2010 ( 雌猫 サビ柄 )
____________________________________

▲いつまでも、くよくよしてはイケナイ。前向きだぞ俺は。
 
 Living Gallery & Space MAREBITO http://mare-bito.com



スポンサーサイト

怖いのは頭の中と人。

【怖いのは頭の中と人。】
おばけが怖かった小学生のとき。

不思議な経験はした事はあるけれど、まだ
ユーレイは見た事はない。


結局のところ、ユーレイとは
自分の頭の中で勝手に作り上げたソウゾウなのだ。たぶん。
カタチが無いぶん、怖かったのだ。


今は違う。
ユーレイはもう怖くはない。
夜、トイレも一人で行ける。




怖いのはユーレイではなく、人なのだ。人。







自転車で通勤途中。

いつもの緑道。
前方に上下ジャージを着た男が
全速力でこちらに向って走って来る!

タッツ!タッツ!タッツ!タッツ!



ん?なんだ!



男子100M決勝!のような凄まじい走り。
両手は大きく振られ、膝も高く上がっている!
ウサイン・ボルト級だ。


こ、こわい!



タッツ!タッツ!タッツ!タッツ!



うわああ!向ってくる!

下りの遊歩道。
道路下に掘り込まれたトンネル。
左右の壁はコンクリーで固められ
逃げ場は無いのだ!


自転車も加速している!
ボルトの姿も迫ってくる!


タッツ!タッツ!タッツ!タッツ!




やられる!




3m接近!
彼の表情がわかる。
目線は僕の後ろを凝視していた!

助かった!(僕を狙っている訳ではない)





颯爽とすれ違う、ボルトとへたれな俺。




もし彼が僕をガン見しながら走って来たのなら、
こんなに怖いものはない。

だって、全速力だよ。全速力。腕も大きく振れていたし。


まったく!
学生最後の大会のようだよ。









オバケは恐くない。

何をやらかすかわからない人。
そして、どんどんと妄想を広げる自分の頭の中が恐い。

人が起こす事と、自分のマイナスな想像力


それが一番厄介だ。












また出会えたら、ボルトの走りを写真撮ります。

__________________________________________

Living Gallery & Space MAREBITO http://mare-bito.com

なんだろう?あれって。

【なんだろう?あれって】
最近は見かけなくなりました。

七人の小人
後ろのダッシュボードに並んでいる車。

信号待ちで見られていたなあ。昔は。

なんだったんだろう?



車の中に、その車のミニチアを飾る。
こちらもよく見かけました。


なんだろう?
よくわからない。



と、
 
言いつつも、僕も持っている。
スバル360のプラモデル。

実車を持っているのに、そのミニチアを買う。

なぜだろう? それって。

自分でもよくわからない。
けど、さすがに車のダッシュボードの上には飾ったりはしない。




なんだろう? あれって。



江口洋介でいうと

妻、森高千里の隣に

森高千里のフィギアを並べる様なもの。


それって、変でしょ。




















江口洋介で例える
僕も変、だろうけど。


























DSCN4903_convert_20100207144224.jpg

MAREBITOには飾っています。スバル360。

____________________________________

▲ 東西線・日比谷線 茅場町駅 1番出口 徒歩3分 MAREBITO!徒歩5階。
 
 Living Gallery & Space MAREBITO http://mare-bito.com

交通事故、当て逃げだ!

【交通事故、当て逃げだ!】
古い車に乗っている。

subaru360_convert_20100214203520.jpg


( 違う!違う!それは、ルパン三世でしょ。あれはフィアット! )
( いや、いや、それは、フォルクスワーゲンだって! )



スバル360。

1964年車。
360ccで中型バイクより排気量が少ない…

でも、好きで乗っている。
車検も何度も取った。
大きな故障は無いけれど、維持も大変なのだ。
既に部品はメーカーに無いのだから
それなりにお金もかかる。







  ………………





信号で停車中、やかましい若者達の車が隣に並んだ。
かなり車高が低い。派手なアンテナが揺れている。
重低音な音楽。笑い声。

僕の車を見て、嘲笑されているのがわかる。



“あんなポンコツしか買えないでやんの” わっはっはああぁ!
“ペダルでこいでんじゃねーの” わっはっはああぁ!

云々。



助手席に座っていた
ちょっとヤンキーな女、子供を諭す口調で言う。



  ゴメンね、気にしないでね。

  見た目じゃないからね。

  うん。

  大丈夫、大丈夫。

  かっこい、かっこいい。。





????





ヤンキー女は僕を慰めているつもり。
半笑いの表情から、彼女もそう思っているらしい。

最初、事の成り行きがよく解らなかったが、
遠く離れていく、車高の低いテールランプを見ながら
沸々としてきた。


ん!ふざけるな、おら!好きで乗っとるンじゃ、こら!
大丈夫とはなんじゃ!おら、腐れ×××がぁ!(ちょっとオーバー気味に書いてます)


怒りの沸点は頂点へ。
しかし、いくらアクセルを深く踏んでも追いつけないのであった。
昭和39年生まれ、おじいちゃんスバルの悲しい性なのだ。


俺は何もしていないぞ!
この怒りはどこへぶつければ良いのだ!





ある意味、交通事故だ。
これは「当て逃げ」ではないか!



____________________________________

▲無茶振りには気をつけろ!当てられ犠牲者います、MAREBITOに! 
 
 Living Gallery & Space MAREBITO http://mare-bito.com

工作の唄04 最終話

【工作の唄04】
椅子の話は今回で最後です。


さて、
演劇でMAREBITO使用の方に朗報です。
とりあえず座席数、30を確保しました。


DSCN4923_convert_20100208145833.jpg

強度を保つ為にバーを噛ましたが
締めビスの頭が大きすぎて、気持ちが悪い。
折角きれいな直線ラインなのに、スッキリしていない!




   女性で言うと、

   サッパリとした服装なのに、
   肩パットがドカンと主張している感じか。(いないぞ!今どき)

   ちょっと違うな、

   ノーブラで乳首が浮き出ている感じかな。(良いではないか、その場合)

   いかん、いかん。このブログを見てくれている女性を失ってしまうぞ、下話は。

   うむうむ





DSCN4924_convert_20100208145906.jpg

まだ天板にファブリックを貼る前の状態。
キャスター部分の脚は健康器具の部品なので
座面との接続がうまくいかず、まだ安定していませぬ。




   赤ちゃんを抱いたときの様な、頭を支えないとグラッとする感じ。

   いや、

   ノーパンでスウェットを履いて、ランニングをするみたいな感じ(男子)
   ノーブラにTシャツで、ランニングをするみたいな感じ(女子)

   あーあ。これで女性は去っていくな、このブログから。






MAREBITOの椅子。
まだまだ改良の余地がありますが、

打倒!東京芸術劇場に一歩一歩、
近づいていると思われます。



たぶん。




たぶん。










____________________________________

▲ 気をつけろ女子!変態だぞMAREBITO主は。ついにフィギュアも買ったぞ!

Living Gallery & Space MAREBITO http://mare-bito.com

印。

【印】
その理由(ワケ)を知りたければ、過去の記憶を遡れ。 

                     ーfutoshi furumura



かなりの頻度で図書館を利用する。
なかなかやるぞ。浦安図書館は!

誰が借りるの?これ。

マイナーなCDも置いていたりする。
それらを見つけると骨董市の「戦利品ゲット」の様なキモチになる。
(「掘り出し物ゲット」ですね。一般で言うと)


ケースを開いてライナーノーツに目を通す。



ん?



なんだ!



この印は!



曲目の頭に
鉛筆で○が付いている……


……


たぶん、好きと思われる曲。
曲を聴きながら付けたと思われる。

なんだろうな。それって。


戦利品な気分もぶっとび、
意味も無くさもしい気持ちになってしまう。












帰省中。

暇なのだ。

押し入れの中から小学生の時に買った、ビートルズのレコードが出てくる。

ジャケットを開く。ホコリの匂いと、昔の感覚が蘇る!
やっぱりレコードはいいな!この大きさ、見開き感。

ライナーノーツを取り出す。と、その時 
衝撃な事実を見てしまう!

なんと
各曲目に印がついている……
しかも赤色で!


うへぇ!









よく見ると
アビーロードのアルバム曲には、
殆ど印がついている。


なんてこった!






   記憶が蘇る。

   2色の色鉛筆だ。青と赤の色鉛筆。1本で2色のモノ。

   赤の方で書いたのだ。小学生の僕が。

   このうたは、いいぞ、すごおぉく。って
  
   あーあ。

 

なんだろうな、まったく。

ちょっと、ガッカリな自分が其処にいたのだ。





その理由(ワケ)を知りたければ、過去の記憶を遡れ。 

                     ーfutoshi furumura



















もちろん「SOMETHING」にもついているよ。ジョージ。
____________________________________

▲ あります。赤印のビートルズレコード。徒歩5階、MAREBITOに。
 
 Living Gallery & Space MAREBITO http://mare-bito.com

ホンモノとエセモノ

【ホンモノになれないエセモノ】
今まで邪魔者扱いだった鉄くずや天板が
己の行き場を与えられ、組み込まれて行く。

続々とカタチになってきた椅子。


頭の中の設計図では出来上がっていたのだが
いざ組み込んでみると、イメージと違ってくる。

これだ!やったぜ完成!とは なかなかいかない。

経験の浅さが露呈するのだ
左右に比べて高さがありすぎるとか、
座面と背面の比率が気持ち悪いとか、
ファブリックの色が重すぎるとか。

云々…。


素材の寄せ集めなのだからしょうがないけど。
所詮、エセ器用な素人なのだ。僕は


DSCN4798_convert_20100208141150.jpg

昔の事務イス。キャスター部分のディテールが好きなのです。
他の椅子に取り付けてあったオリジナルの座面と背面を利用。



DSCN4920_convert_20100208145801.jpg

ファブリックにダメージ加工を施したので良い風合いになる。が
背面裏のカバーがしっくこないのだ。スプリングも弱いので調整修理が必要。



DSCN4921_convert_20100208145819.jpg

これまたスプリングが弱く、ネジヤマから異音がする。ギリリリリ。
座面のバランスが悪いなあぁ。座面のカタチを要検討。



DSCN4914_convert_20100208145746.jpg

板と鉄脚の色のバランスが良くない。色味は写真じゃよくわからないと思うけど。
色を塗ると風合いが損ねるだろうし。




ブログ用にロゴを組んで写真を整える。
本体の椅子は欠点だらけだけど、良い感じに見える。





  要はダマし。
  経験の浅い初心者でも
  ちゃんとしたカメラや、PCのソフトなんかで
  ちょっとした作品は出来てしまう。
  
  キカイノギジュツで誰もがデザイナーや
  カメラマンになれたりするのだ。

  イメージのハッタリは成功だ!






  話を戻そう。






付け焼き刃な椅子制作なのだ

だから、頭の中のイメージだけではうまくいかない
長年やってきた椅子職人の経験値にはかなうハズがない


うわっつらだけでは、駄目なんだなあぁ









____________________________________

▲ 完成前が勢揃い!椅子。お問い合わせください。徒歩5階 MAREBITOへ。
 
 Living Gallery & Space MAREBITO http://mare-bito.com



経験値を補うのはオリジナルしかない。
自分しか出来ないオリジナルな事。
おぼろげながらMAREEBITOのオリジナル性は見えてきたが、
椅子に対してはまだまだなのだ。


うむ。続けよう、創作はずっと。

じいの極楽と俺の最悪。

【じいの極楽】
血流が悪くなるので、今はない。
時間が沢山あった若き頃。

経験したであろう、腕枕。



目を覚ますと、腕を枕に彼女の寝息。

守ってあげたい、彼女の未来。

ちょっと開き加減の口元に
躰の芯に残っている鈍い疲れも吹っ飛んでしまう。


彼女の寝顔。 嗚呼!なんて、しあわせなんだろう。

( 子供の寝顔、猫の寝顔もしかり )

  





スポーツクラブに行って汗を流す。
サウナに入って、湯船に浸かって
最後はマッサージ機で締める。

そう、僕の小っちゃな至福フルコースなのだ。




が、至福を奪いとる、「じい」が居る。
クラブオープン時から居ると思われる地元の主が。

2台あるマッサージ機。
片方を己の昼寝用ベットとして使用しておるのだ。

ももひきのママ、1時間ほど身動きせずに昼寝をされておる。
その寝顔は正に、小学生の時に見たおじいちゃん最後の顔なのだ。




   お通夜の時の顔!
   お花に囲まれたおじいちゃんの顔!





口が大きく開け放たれ、縮れた毛髪と、ツヤのない肌。

息をしているのか心配して、クラブのおっさんが
口元に手をかざしていたのを見たこともある。
だれも注意できない、地元の長老「じい」。




目を覚まさない、口を開けた「じい」のイビキ。


守ってあげたくない、
未来が近い「じい」。

俺の至福の邪魔をする、「じい」の寝顔。





嗚呼!極楽、「じい」の寝顔。
嗚呼!最悪、今日の俺。




なんて、こった。












残り時間、少ないのわかるけど。ルールは守ろうよ。おひとり様、極楽は15分。
____________________________________

▲ダークサイドなMAREBITO主。徒歩5階に居ます。
 
 Living Gallery & Space MAREBITO http://mare-bito.com


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。