MARE主コラム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

25歳が2人。

25歳が2人。
25歳が2人。


彼女の前では年齢の話はタブーなのだが
本人が自ら言っていた。

ちょっと深味のある表現。


さすが、コピーライター。






10歳が5人ではやかましい。

5歳が10人では、子育てが大変だし、

20歳と30歳ではバランスが悪い。



やはり、25歳が2人なのだ。

50歳の人に限定されるけど。














もうすぐやってくるであろう、50歳。
ちょっと悪くない。











ねーさん誕生日おめでとう!また、飲みましょう。
_______________________________________

▲ 高齢者にはキビシいMAREBITO、徒歩5階。エレベータなし。
 
 Living Gallery & Space MAREBITO http://mare-bito.com


スポンサーサイト

オオカミとブタ

【オオカミとブタ】
すごいぞ!

ギターウルフ

新聞のCD、新譜記事を読んでいた。



   新境地を示す意欲作。

   バイク、女、工事現場などをモチーフに、

   無骨な男のロマンチズムが浮かび上がる。 か。




MAREBITO主には無い着眼。

工事現場をモチーフだ!





うーむ。



バイク、女なら判る気もするけど…

工事現場だ。

確かに無骨だな。




うーむ。


ギターウルフ。


オオカミだぞぉ。





聞かずに、とやかく言ってはイケナイな。

ギターオオカミを。

アルバムタイトルも「宇宙戦艦ラブ」
さすがに聞いてみたくなるぞぉ。

もう、齧られっぱなしだぁ。ギターウルフに。





なんだか、すごいぞ!

食べられてしまいそうだぞぉ ぶぅ。











DSCN7703_convert_20101125220915.jpg

_______________________________________

▲ 肉食のオオカミはいないけど、ブタはいます。MAREBITO 徒歩5階。
 
 Living Gallery & Space MAREBITO http://mare-bito.com

お見合い3対1

【フィーリングカップル3対1】
一般庶民の僕は

ビジネスシートなど座れない。

もちろんエコノミー。


僕の身体はちょっと大きめなので
飛行機の座席はいつも、非常口の横
キャビンアテンダントの正面と決めている。

キャビンさんと向かい合って座るのだ。
それはまるで、お見合いの様なシチュエーション。

座席が3つなので

3対1。

さすが大空に舞う華、倍率は高いぞ。
キャビンさんは3人の一般人の中から選ばないといけない…






お見合いはともかく。




目の前に座っているキャビンさん。
何やら手元の手帳にメモをしている。

何を書いているのだ?

サラサラサラサラ。



キャビンさんの手帳は
何かのプリントアウトを
まとめて四角く切り抜いたもの。

裏紙を使っていた…





エコノミーな僕は

大空の華、キャビンさんから目が離せなくなった瞬間だった。




ちょっと好きだぞ。

そーいうの。




















DSCN7306_convert_20101107140209.jpg

わら半紙で作られた「キオクカード」。ちょっと好きです。これも。特製ですし。
_______________________________________

▲キャビンさんは僕のキオクに残りました。エコノミーな僕のキオクに。
 
 Living Gallery & Space MAREBITO http://mare-bito.com

ちねちね。

【ちねちね】
そこん家の言葉がある。


その家で使われている、
その家族しか知らない言い方、言い回しが。


「 ちねちね 」


5歳になる娘。
いまだ腕枕をしないと寝れないらしい。
眠りにつくまで、母の肘のたるみをつまむのだ。

それを、その家族は「 ちねちね 」しよっか。と言うらしい。




あるでしょ?
あなたの家にも。




僕の家にもあった。


「 やきまい 」


ネガフィルムを写真屋へ持っていって現像してもらう事。
本当は「やきまし」なのだが、母が使っていた言葉。

僕はこれを普通に使っていて、
社会人になってからたいそう笑われた。




  …









なんだ、これは?

DSCN6919_convert_20101117133439.jpg

「 前の倉庫 」





って、事は「 後の倉庫 」もあるのだな。


たぶん。


後ろか。


ちょっとコワい感じがする。










ん!


うわぁ!


なんだ!


そのまんまだぞ。


DSCN6922_convert_20101117133505.jpg





「 裏事務所 」




なんだか、とてもコワいぞ。
_______________________________________

▲ 「裏MAREBITO」何が売っている? いやらしーものかもしれないぞ。男子要期待せよ。
 
 Living Gallery & Space MAREBITO http://mare-bito.com

出逢いと別れ

【出逢いと別れ】
骨董市の鉄則を忘れる事がある。



  「 迷ったら買う事 」



さんざん迷ったあげく
後で来ます。ちょっと、考えます。と、

店主に挨拶し、別ブースへ。






歩きながら、やっぱり買おう!と

はやる気持ちを抑えつつ

早足で戻るのだが


そこにはもう「考えてから買おう」はいない。



数分も経っていないのだが

即決な迷わぬ人によって連れ去られたのだ。









あぁ悲しい。







 「考えてから買おう」が佇んでいた、その台には
 
 「無の残像」が残っているだけだった。











DSCN7613_convert_20101115131105.jpg

_______________________________________

▲ 石橋を叩いて渡っていた主の、20代の頃のかけ声は見る前に飛べ!だった。
 
 Living Gallery & Space MAREBITO http://mare-bito.com

一目惚れの経験

【一目惚れの経験】
一目惚れの経験ありますか?



理由は判らないけど
好きだなこの人…



と、

思ってしまう事は。







しょうがなし、

だって、

好きなのだから。









僕は、これ。好きです。

DSCN7452_convert_20101109141004.jpg


DSCN7454_convert_20101109141049.jpg


繭用の肥料噴霧器らしいです。

蓋を開け、肥料を入れて、ハンドル回せば噴霧する。

マレビトで蚕を育てるつもりはないけれど

好きなんです。


理由はわからないけど、


回りモノが
回しモノが

特に好きなのです。






だからいつも一目惚れしています。






  







あなたは

どうですか。

一目惚れしていますか?

_______________________________________

▲ 数多き一目惚れ、紹介していきます。販売もしています。MAREBITO、徒歩5階。
 
 Living Gallery & Space MAREBITO http://mare-bito.com

酔った女性。

【酔った女性。】
べらぼうに酔っぱらった彼。
千鳥足で深夜の商店街を歩いていると
薬屋の前でうずくまる影が。



顔色の優れない女性…


目は見開かれ、
こちらのしどろモドロの質問にも
うん、うんと首を振るだけ…

青白い顔色が、緑に見える。





さすがに冬の夜。
彼女を引きずるように家に連れて来た。

小柄な身体はひんやりとしていて
部屋に入れたとたん、倒れ込む彼女。


毛布を掛けて、彼も倒れ込む。
下心も起きない位、彼も泥酔していたのだ…







翌朝。








鋭い目線を感じ、目を覚ます彼。





隣には

毛布を被ったケロヨンが

彼を見つめていたのだ。










( 酒席でのネタです )







泥酔はしていなかったが、
昨日、ケロヨンがMAREBITOにやって来た。

今、目を見開いていて佇んでいます。ケロヨン君。
笑顔だけど、顔色もすぐれないなあ。

_______________________________________

▲ 実は佐藤製薬の象、サトちゃん。イソジンのカバ君も居ます。MAREBITO徒歩5階。
 
 Living Gallery & Space MAREBITO http://mare-bito.com

ニセモノMAREBITO

【ニセモノMAREBITO】
ついにやったぞ!


ニセモノが出て来たのだ。


MAREBITO の。そう、マレビト。


それも、あの東京ミッドタウンに。


MORABITO モラビト。





メジャーになった証拠じゃないか、それって!






コレ。

IMG_0073_convert_20101105180055.jpg


なんだか、素敵だな。

PARISだし。














でも、

モラビトって ! 

なんだか、キモチ悪いぞ。

村人みたいだし。



でもあちらだって、

マレビト? 何? マネ?

変なの… 




では、ないか。


















【 MORABITO 】

1905年の創業以来、フランスの社交界で愛されるパリ・モラビト社。
シックでモダンな店内にはバッグ類をはじめ、ネクタイ、財布などのアクセサリーを取り揃える。

【 MAREBITO 】

2008年オープン以来、茅場町で自由な表現な場として展開中のマレビト。
エレベータなし、徒歩5階の雑居ビルの一室。扇風機や古道具、訳の判らぬガラクタが並ぶ。




うーん。
_______________________________________

▲ MORABITO PARIS か。MAREBITO KAYABACHO だ。 残念!
 
 Living Gallery & Space MAREBITO http://mare-bito.com


ことくなあ~よるはあ♪

ことくなあ~よるはあ、きもを~だい~




自転車で帰路につく。
憂鬱な仕事をかたし
カラダもキモチもヘトヘトだ。

笑顔も無い自分。




やりなだそ~ん いまらら~ぁ まに らるううう




なんだ?
俺の幻聴か?
疲れているのか。




きみば~ すきど~ ここどから~




意味不明な声。
どんどん近くなる。




の~、♪もあ、ろんりーらい♪




ん! お前か!
徐々に明確になる声。
前方の闇に浮かび上がる自転車。

白いイヤホンが見える。
自分の声が聞こえず、曖昧な音程になっているフラフラ野郎。

満面の笑みだ。


ちっ!

何だか妙に苛立つ。

聞こえないのをいい事に
それでも小声で叫ぶ、笑顔の無い自分がいる。





死ね。コラ!








ヘトヘトの僕は、
彼に対して手拍子などとれる気分ではなかったのだ…



うーん。






いかん、いかん。反省。反省。
逆にマイクを渡すくらいのゆとりがないとイケナイな。

はい。コレ! って

DSCN7234_convert_20101101161813.jpg

_______________________________________

▲ 余裕がないと笑顔も生まれない。使えないけど、マイク販売中。MAREBITO 徒歩5階。
 
 Living Gallery & Space MAREBITO http://mare-bito.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。