MARE主コラム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

通勤教育。

中目黒から日比谷線に乗った。


  清楚な白のワンピース。
  奇麗なお母さん。その隣には
  制帽と紺ブレを着た、ちっちゃな女の子。
  おもちゃのような赤い靴をブラブラさせている。


二人の前に立つ。



母  :「じゃあ、次はしりとりね」

女の子:「うん」


母  :「こま」

女の子:「まんが」

母  :「ガメラ」

女の子:「らっぱ」

母  :「パンダ」

女の子:「だちょう」




母  :もぉ!





母  :「だちょうはダメだったって言ってるでしょ、何度も!」

女の子:「……」

母  :「ちゃんとやってくれないとほんとに困るンだからネ。
   
     じゃあ、連続で言ってみてくれる」






女の子:「やきにく」
  
    「くらまえ」

    「えんげい」

    「いくら」

    「らっぱ」

    「ぱん……だ」


    「だ……だ……」
 

  


電車が広尾の駅に到着した。
大きなカバンを背負い、手をつなぎながら降りていった、女の子。


  母の白いワンピースが颯爽と揺れている。
  身体よりも大きな、女の子のカバンも揺れてる。




階段を登っている赤い靴の残像が
地下鉄の黒い窓に残っていた。






Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://furumai.blog43.fc2.com/tb.php/27-dfb22bdd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。